直線上に配置






Index
一口メモ--7月号(No.1-1)-- 食中毒について
一口メモ--7月号(No.1-2)--食中毒の手当て
一口メモ--8月号(No.2-1)-- 食中毒の予防
一口メモ--8月号(No.2-2)-- 腸炎ビブリオ食中毒
一口メモ--8月号(No.2-3)-- サルモネラ食中毒
一口メモ--9月号(No.3-1)-- O157食中毒
一口メモ--9月号(No.3-2)-- カンピロバクター食中毒
一口メモ--10月号(No.4-1)-- ブドウ球菌食中毒
一口メモ--11月号(No.5-1)-- ボツリヌス菌中毒
一口メモ--11月号(No.5-2)-- 乳児ボツリヌス症
一口メモ--2004年2月号(No.6)-- インフルエンザ関連の話題
一口メモ--3月号(No.7-1)-- 糖尿病を予防するために(I)
一口メモ--3月号(No.7-2)-- 糖尿病を予防するために(II)
一口メモ--4月号(No.8-1)-- 糖尿病を予防するために(III)
一口メモ--5月号(No.9-1)-- 糖尿病を予防するために(IV)
一口メモ--6月号(No.10-1)-- 糖尿病を予防するために(V)
一口メモ--7月号(No.11-1)-- 糖尿病を予防するために(VI)
一口メモ--8月号(No.12-1)-- 糖尿病を予防するために(VII)
一口メモ--9月号(No.13-1)-- 糖尿病を予防するために(VIII)
一口メモ--2005年1月号(No.14-1)-- ノロウィルスとは
一口メモ-2月号(No.15-1)-- メタボリック症候群とは
一口メモ--7月号(No.16-1)-- タバコの恐ろしさと禁煙のおすすめ
一口メモ--8月号(No.17-1)-- アルコールに飲まれないように(1)
一口メモ--9月号(No.17-2)-- アルコールに飲まれないように(2)
一口メモ--2006年3月号(No.18-1)-- メタボリックシンドロームについて(1)
一口メモ--2006年4月号(No.18-2)-- メタボリックシンドロームについて(2)

一口メモ--2008年11月号(No.19-1)-- タバコの恐ろしさと禁煙のおすすめ(2)
一口メモ--2010年1月号(No.20-1)-- 期待の糖尿病の新薬が発売に

一口メモ--2015年1月号(No.21)--
新規糖尿病約が発売されました




一口メモ--7月号(No.1-1)--



 *****************************食中毒について*****************************


 ・食中毒とは汚染した食べ物や有害物質の混じった食べ物によってひき起こされ、主に下痢、腹痛、嘔吐などの急性の胃腸炎症状をきたす病気であるといえます。

 ・食中毒
は大別すると感染によるものとそれ以外の感染ではないものに分けられます。前者には細菌によるもの、ウイルスによるもの、原虫によるものなどがあげられますが、わが国では細菌性食中毒が圧倒的多数を占めており、日常では最も重要なものといえます。

 ・季節的には梅雨から夏場にかかる今頃の時期が一年間のうちでは最も多いといえ
ます。原因となる細菌としてはサルモネラ属菌、腸炎ビブリオ、腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、ブドウ球菌などが代表的なものであり、それ以外に、ウェルシュ菌、セレウス菌、エルシニア菌、ナグビブリオ、ボツリヌス菌などがあります。

 ・次回
以降に、食中毒が疑われた場合の初期手当、治療、予防、さらには原因菌ごとの特徴などについて順を追って述べていきたいと思います。

*********************************************************************



一口メモ--7月号(No.1-2)--



 *****************************食中毒の手当て*****************************


 ・食中毒が疑われた場合に家庭でできる手当ては残念ながらほとんどありませんので、できる限り早くに医療機関を受診することが大切です。

 ・一般的には症状の程度が強いほど緊急性を要しますが、しびれ、マヒなどの神経症状があるときにはとくに緊急性が高いといえます。

 ・その際には原因物質として思い当るものがあればその詳細(いつ、どこで、なにを食べてからどれくらい後に、どのような症状がでてきたか)を医師に忘れずに伝えて下さい。疑わしい原因物質がまだ残っている場合にはそれを医師に見せてください。

 ・万一、何らかの事情で直ぐに医療機関を受診することができない場合には、とくに小児や高齢者で下痢などが激しい時にはスポーツドリンク(できれば冷やしてないもの)などを飲ませて脱水を防ぐことが大切です。

 ・嘔吐が激しい場合には、吐物による窒息を避けるために、横向きに寝かせて吐きやすくすることが必要です。なお、フグ中毒や毒キノコなどが原因であり、発病後直ぐであれば嘔吐を促すために、タオルを巻いたスプーンなどで喉の奥を刺激してみます。

 ・次回には食中毒を予防するためのポイントについて触れてみたいと思います

*********************************************************************



一口メモ--8月号(No.2-1)--



 *****************************食中毒の予防*****************************


 ・食中毒の最大の予防は汚染した原因食品を食べないことですが、気付かずに食べてしまうことはなかなか防ぎきれないのが現実です。食中毒の大半を占める細菌性食中毒を予防するための3原則は、 
  (1) 細菌を食品に付着させない、
  (2) 細菌が増えないうちに早く食べる、
  (3) 加熱により細菌を死滅させる、ことです。

 ・日常生活において細菌性食中毒予防のためのより具体的な事項は以下のとおりです。

 @ 調理にあたってはよく手を洗うこと(調理前のみならず、生ものを調理した後には再度、手を洗うこと)

 A 下痢しているときや手に傷があるときにはできれば調理しないこと

 B できるかぎり新鮮な食材を使うこと(時間の経ち過ぎた食材はためらわずに捨てること)

 C 冷蔵庫を有効に利用して、かつ、過信し過ぎないこと(開け閉めが頻繁であると、十分な低温が保てません、さらに低温でも増える菌もあります)

 D 包丁やまな板は食材により使い分け、定期的に熱湯で消毒すること(とくに生もの用と調理品用とは明確に区別する)

 E フキンは数多く用意しておき、頻繁に洗って十分に乾燥させること

 F 調理後は時間をおかないで早めに食べること

 G 生の食材は可能なかぎり避けて加熱できるものは加熱調理すること(食品の内部まで十分に火がとおるように)

 H 台所や調理場の清潔、整理・整頓に十分に心がけること(ゴキブリ、ハエ、ネズミなどを増やさないように)

 I 各人が食品に対する衛生管理の基礎的な知識の習得・向上に努めること

 ・これらのことを励行して食中毒の予防に努めましょう。

 ・次回以降には、主な原因菌を個々に取り上げて説明していきます。

*********************************************************************



一口メモ--8月号(No.2-2)--



 **************************腸炎ビブリオ食中毒**************************


 ・腸炎ビブリオ食中毒はわが国ではサルモネラ食中毒、ブドウ球菌食中毒と並んで3大食中毒のひとつに数えられています。
 ・腸炎ビブリオという細菌は別名、好塩菌ともいわれており、海水中に生息しています。そして海水の温度が高いほど増えやすくなるために、本菌による食中毒は夏場にみられることが圧倒的に多く、刺身などの生の魚介類が原因となります。
 ・潜伏時間(原因食品を食べてから発病までの時間)は10〜18時間くらいで、水様下痢、激しい腹痛、嘔吐、時には血便などの症状がみられます。しかし、当初の症状は非常に激しくとも、ある程度時間が経てば自然に良くなる傾向が強いことがこの病気の特徴です。
 ・下痢や嘔吐により脱水状態がみられた場合には点滴が必要となります。

 ・腸炎ビブリオ食中毒をできる限り予防するためには「生の魚介類は必ず冷蔵庫に保管して菌の増殖を抑えること」、また、「本菌は真水では死滅するので流水でよく洗うこと」が大切です。
 ・生の魚介類に用いた包丁やまな板は調理品用と区別することも重要であり、定期的に熱湯で消毒するようにしてください。

*********************************************************************



一口メモ--8月号(No.2-3)--



 **************************サルモネラ食中毒**************************


 ・サルモネラ食中毒の患者数は近年、わが国では毎年ほぼ第1位を占めています。
 ・従来は食肉類、乳製品などが原因として多かったのですが、最近はニワトリの卵が関係した食品によるサルモネラ・エンテリティディス食中毒が世界的に流行しています。
 ・サルモネラ属菌は家畜に保有されていることが多く、ヒトと家畜のいずれもがかかる人畜共通の感染症であるために、これを制圧することは大変難しいのが現状です。
 ・症状としては潜伏時間は8〜48時間くらいで、下痢、嘔吐ばかりでなく高熱や血便もしばしばみられ、細菌性食中毒の中ではもっとも重症になりやすいものといえます。
 ・血液中に菌が入り込むと、子供やお年寄りでは非常に重症になって命にかかわることさえあります。
 ・治療としては早めに医療機関を受診して適切な抗菌薬をもらうことが必要です。しかし、サルモネラ食中毒は抗菌薬をのんで症状がよくなっても、菌が身体の中に残存して保菌状態になることも少なくありません。
 ・予防としては鶏卵が殻の中ですでに汚染されていることがしばしばあるので、菌が増えないように生卵は早めに使うことが大事です。タマゴ焼きなどはできる限り内部まで十分に加熱するように心がけてください。
 ・また、ペット用のミドリガメがサルモネラ食中毒の感染源となること
もあるため、子どもに対しては注意してあげることが必要です。

*********************************************************************



一口メモ--9月号(No.3-1)--



 **************************O157食中毒**************************
          (腸管出血性大腸菌感染症)


 ・O157は病原性大腸菌の1種である腸管出血性大腸菌の中で最も代表的な菌です。
 ・牛肉その他の肉類が原因になることが比較的多いとされていますが、平成8年に日本全国でこの菌による食中毒が多発して、一躍有名となりマスコミで大きく取り上げられたことはまだ記憶に残っていると思います。 ・潜伏期間は3〜4日間(最長5〜8日間)と長く、症状としては鮮血便、腹痛がみられますが、発熱は軽度です。
 ・本菌は腸の中でベロ毒素という腸管毒素を出して、これにより溶血性尿毒症症候群や脳症がひき起こされると少なからず致死的になることがあります。
 ・溶血性尿毒症症候群とは血液中の赤血球がこわれて、貧血をきたし、血小板が少なくなり、また、腎臓障害・腎不全をともなう状態です。
 ・家族から家族へと感染してしまう家族内二次感染もあります。
 ・海外では抗菌薬投与に異論もありますが、わが国では発病早期であれば、適切な抗菌薬をのんだ方が溶血性尿毒症症候群の合併を少なくできると考えられています。
 ・予防としては溶血性尿毒症症候群を起こしやすいとされる乳幼児には牛肉を食べさせることは避けたほうがよいといえます。

*********************************************************************



一口メモ--9月号(No.3-2)--



 **********************カンピロバクター食中毒**********************


 ・カンピロバクター食中毒の大部分はカンピロバクター・ジェジュニという菌によるものであり、種々の食用肉が原因となりますが、鶏肉が比較的多い原因食品とされています。
 ・生焼けのヤキトリが原因のことがしばしば見受けられます。季節的には初夏に多いとされており、一般の人にはそれほどなじみがありませんが、実際には細菌による下痢症の中では最も多いものではないかと考えられています。
 ・潜伏期間が5〜7日間と長いことがこの病気の特徴で、症状としては発熱、腹痛、水様下痢(胆汁色便〜粘血便)、嘔吐などがみられます。
 ・治療としてはマクロライド系という抗菌薬が使われます。
 ・予防としては十分に加熱・調理することがとくに大事です。

*********************************************************************



一口メモ--10月号(No.4-1)--



 **********************ブドウ球菌食中毒**********************

 ・ブドウ球菌は非常にありふれた細菌ですが、これが食品に付着してそこで毒素(エンテロトキシン)を出し、この毒素を誤って食べてしまうと本菌による食中毒が起こります。
 ・最大の問題は本菌の毒素が熱に抵抗性をもっていることであり、したがって、食べる寸前に食品を加熱したのでは、この食中毒を防ぐことはもうできません。
 ・平成12年に大手メーカーの乳製品により患者数1万人以上もの大規模な集団食中毒が発生してしまったことも、毒素の熱抵抗性に対する配慮が欠けていたためでした。
 ・潜伏時間は2〜3時間くらいと短いことが特徴で、症状としては激しい嘔気、嘔吐が主体であり、腹痛、下痢も多少伴ないますが、発熱はみられません。
 ・治療としては毒素が原因ですので、抗菌薬をのむことは全く意味がありません。対症療法のみにて様子をみれば予後は良好です。
 ・予防としてはブドウ球菌が食品に付着しないように心がけることが大事であり、手に化膿した傷があった場合には調理に従事しないようにする必要があります。
 ・また、おにぎりなどは長時間おかないで、できるかぎり早く食べてしま
うことが大切です。

*********************************************************************



一口メモ--11月号(No.5-1)--



 **********************ボツリヌス菌中毒**********************

 ・死亡することもある食中毒として、サルモネラ食中毒、O157食中毒と並んでボツリヌス菌中毒があげられます。
 ・ボツリヌス菌は土の中に住んでおり、空気の存在下では生えにくい(こういう性質の菌を嫌気性菌と呼びます)のですが、熱には強い抵抗性をもった芽胞という特殊な形態をとることが特徴といえます。
 ・食品に誤って付着すると、そこでボツリヌス毒素という猛毒の神経毒素を作ります。本毒素は地球上で最強の毒素といわれるほどであり、これを万一食べてしまうと、ボツリヌス菌中毒が起こります。
 ・「いずし」が原因食品として有名ですが、20年近く前にはボツリヌス菌で汚染された真空包装の「からしれんこん」により全国的な患者発生がみられ、11名もの死亡者がでたことがあります。
 ・潜伏時間は12〜36時間くらいで、下痢や腹痛などの胃腸炎症状は少なく、発熱もないものの、さまざまな神経マヒ症状が出てきます。ものが二重に見えたり、まぶたが下がったり、意識ははっきりしていても飲み込みやしゃべることがうまくできなくなったり、さらに重症では呼吸筋マヒのために呼吸ができなくなり、人工呼吸器による呼吸管理が必要になります。 ・治療においては的確な診断が遅れると生命にも差しさわりをきたすことから、何はともあれ、まず本症を疑うことが大変重要です。
 ・脳梗塞などの脳血管の病気と間違われることも少なくありませんが、ボツリヌス菌中毒が疑われた場合には早急に抗毒素血清の注射を受けることが大事です。
 ・予防としてはボツリヌス毒素そのものには熱に対する抵抗性がないので、食べる寸前に食品を加熱すれば防ぐことができます。

*********************************************************************



一口メモ--11月号(No.5-2)--



 **********************乳児ボツリヌス症**********************

 ・乳児ボツリヌス症は、特殊なボツリヌス菌感染症であり、1歳未満の乳児に限って起こります。
 ・乳児ボツリヌス症はボツリヌス菌中毒とは異なり、感染毒素型(普通のボツリヌス菌中毒のように毒素を誤って食べてしまうのではなく、菌で汚染されたものを食べて感染していまい、この菌が体内で毒素を作る)で発病します。
 ・ハチミツにはしばしばボツリヌス菌が混じっていることがあるので、乳児には決してハチミツを与えてはいけません。
 ・若いお母さんには、このことを必ず知っておくことが大切です。


 *********************************************************************



一口メモ--2004年2月号(No.6)--



 **********************インフルエンザ関連の話題**********************

 ・今年も1月下旬からインフルエンザが流行してきました。
 ・今のところA型が大部分ですが、まれに B型もでています。SARSは一時期ほどの心配はなくなったとはいえ、今後とも目が離せないことに変わりはありません。
 ・そうこうしているうちに鳥インフルエンザの変異による新型インフルエンザ出現の懸念が高まってきました。
 ・インフルエンザが疑われたときには、早めに医療機関を受診することが大切です。
 ・インフルエンザと普通のかぜとの鑑別は下表を参考にしてください。




 *********************************************************************



一口メモ--3月号(No.7-1)--



 **********************糖尿病を予防するために(I)―50歳代以降の4人に1人が糖尿病(疑い)―**********************

 ・先般、厚生労働省が我が国における糖尿病の実態を探る目的でアンケ−ト調査を実施したところ、糖尿病の疑いが濃厚なヒトは740万人であり、さらに糖尿病の可能性が否定できないヒトを含めると、全国民のうちで実に1620万人にものぼっていることが報告されました。
 ・特に、50歳代以降のヒトではなんと4人に1人が糖尿病(疑い)であるという予想を上回る深刻な結果であったということです。
 ・我が国では第2次大戦までは糖尿病はどちらかといえば稀な病気であり、大戦直後には糖尿病患者はほとんど皆無であったとのことですから、現在の状況はまさに驚くべき、また憂慮すべき事態であるといえます。
 ・糖尿病は以前には「成人病」の代表といわれてきましたが、近年では「生活習慣病」と呼ばれています。我が国においてこのように糖尿病の方が著しく増えてしまった最大の理由はまさしく生活習慣の大幅な変化であるといえます。
 ・食生活が向上して、各種の食品が不自由なく入手できるようになり、好きなものが好きなだけ食べられるようになりました。そして、肉を中心とした食生活の欧米化が著しく進みました。
 ・一方では、近代化といわれて、電気製品があまねく浸透して、日常生活レベルが向上することにより、身体を動かさなくとも快適な生活が毎日送れるようになりました。特に、糖尿病の増加と大きく関係したものは自動車の普及であるといわれており、我が国で年代ごとにみた自動車の普及率と糖尿病の増加率の右上りのカ−ブはほとんど一致しているのです。
 *********************************************************************



一口メモ--3月号(No.7-2)--



 **********************糖尿病を予防するために(II)―自覚症状では早期発見はできず、検診にも見落としがあり得る―**********************

 ・糖尿病はかなり進行しないと自分では気付きにくいという非常にやっかいな特徴をもっています。したがって、自覚症状(喉が乾く、尿が多い、疲れやすい、食べても痩せてしまうなど)で気付いたときにはすでにかなり進んでしまっていることがあります。
 ・しかも、体質的な慢性の病気であるので、治療しても完全に治癒するというわけにはいかないのです。食事のカロリーオーバーを初めとした不適切な生活習慣を注意して糖尿病が良くなったとしても、その注意を怠ればまた悪化してしまうのです。
 ・したがって、糖尿病を早期発見するためには職場などでの検診が重要であることは事実ですが、残念ながら軽症の糖尿病は見落とされる可能性も少なくありません。血液中のブドウ糖濃度(これを省略して血糖値という)は早朝の空腹状態で110mg/dl未満が正常とされています。
 ・現在、我が国では空腹時血糖値が126mg/dl以上のヒトを糖尿病と診断することになっていますが、この時の検尿では尿糖は陰性と出てしまい糖尿病は見落とされてしまいます。通常の検診では朝食抜きの尿検査が常識化していますが、これでは軽症糖尿病は全く引っ掛からないのです。
 *********************************************************************



一口メモ--4月号(No.8-1)--



 **********************糖尿病を予防するために(V)―採血では血糖値だけでなく、グリコヘモグロビンも同時に測定を―**********************

 ・尿検査に加えて採血検査を受けたとしても必ず糖尿病が見つかるとは限りません。軽症糖尿病では血糖値も正常に出てしまう可能性もあり、間違いなく軽症糖尿病を発見するためには、糖負荷試験という精密検査を最初から受けなければならないのです。
 ・軽症糖尿病であったにもかかわらず、それに気付かずにいて徐々に糖尿病が進行してしまい、かなり悪化してから初めて糖尿病を指摘される方も現実には存在しているのです。
 ・したがって、検診で血糖値が正常といわれた方でも、肥満があったり、体重が増加傾向にあるようであれば、とりあえず食事の注意はしておく方がよいといえます。
 ・なお、血糖値は食事時間との兼ね合いで大きく変動するものですが、過去1〜2カ月間の平均の血糖値を意味しているグリコヘモグロビン(ヘモグロビンA1C ともいう)という採血検査もあるので、これも併用していれば非常に参考となり軽症糖尿病の早期発見につながります。これは測定施設により正常値(5.8%未満)が多少異なりますが、グリコヘモグロビンが正常範囲に収まっていればまずは一安心であるといえます。

 *********************************************************************



一口メモ--5月号(No.9-1)--



 **********************糖尿病を予防するために(IV)――恐ろしい糖尿病の合併症―**********************


 ・糖尿病そのものは我が国における死亡原因の第10位までにも入らないものの、第2位である心臓病や第3位である脳卒中の大きな危険因子となっていることが知られています。
 ・糖尿病に特有な合併症として網膜症、神経障害、腎障害(これは糖尿病腎症といわれる)の3つが三大合併症と呼ばれてよく知られていますが、今や我が国で成人の失明の第1原因は事故ではなく糖尿病なのです。
 ・また、ほんの小さな傷が糖尿病性壊疽に進展してしまい、やむなく下肢を切断しなければならなくなることさえもあります(成人で外傷による切断ではない下肢切断の原因の40%を糖尿病が占めています)。
 ・平成14年に新たに腎不全のために血液透析(人工腎臓)が必要となった方は34000人でありましたが、このうちの約4割が糖尿病性腎症によるものであったと報告されています。
 ・糖尿病によって血液透析が必要となる方の毎年の伸び率はそれこそ驚くべき状況にあります。糖尿病そのものは我が国における死亡原因の第10位であるものの、第2位である心臓病や第3位である脳卒中の大きな危険因子となっていることが知られています。

 *********************************************************************



一口メモ--6月号(No.10-1)--



 **糖尿病を予防するために(X)
最もわかりやすい健康の秘訣は腹八分目


 ・すさまじい勢いで増えている糖尿病およびその合併症の増加を食い止めるためには、@食べたいものを食べたいだけ食べてしまうような食習慣を作らないこと、A毎日、できる限り身体を使うこと、軽い運動をすることであるといえます。
 ・昔のことわざにある『腹八分目』というのはまさしく健康の秘訣であり、糖尿病の予防につながるものです。
 ・すでに糖尿病と指摘されている方や高度の肥満がある方では栄養士さんからの正しい食事指導が必要ですから、これだけでは全く不十分ですが、それ以外の方であればあまり面倒なことはいわずに、この先人のことわざを常日頃思い出して頂きたいと思います。


 *********************************************************************



一口メモ--7月号(No.11-1)--



 **糖尿病を予防するために(XI)
標準(理想)体重の出し方

 ・ご自分の現在の体重が健康的な面からみたときに適切か否かをまずみて頂きたいと思います。下表に性別や年齢をあまり考慮しなくても計算できる標準(理想)体重の算出式を3種類あげてみました。
 ・Bの計算式は最も一般の方によく知られており、計算も暗算がしやすいのですが、残念ながらあまりお勧めできません。なぜなら、身長の高いヒトではほぼ妥当な数字が出るものの、身長の低いヒトでは全く当てはまらなくなってしまうからです。
 ・ぜひとも覚えておきたいものは@の計算式です。これは身長の高低によらずにほぼ妥当な数字が出るので非常に便利です。また、Aの計算式は計算器がないと暗算は難しいのですが、海外でも広く用いられているものであり、メ−トルで表わした身長を2乗して、22を掛けるものです。ただし、女性では21を掛ける方がよいともいわれています。
 ・いずれにしても、このようにして計算された標準(理想)体重と現在の体重を比較してください。一般的に標準(理想)体重よりも10%以内の増加はそれほど問題ありませんが、10〜20%以内の増加は太り気味、20%以上の増加は明らかな太り過ぎ(肥満)であるといえます。

表.簡便な標準(理想)体重の計算法
    @ の計算式
      
身長(cm)−100−( 身長(cm)−150)/4
    A の計算式

      
[身長(m)]2 ×22   〔女性では21の方がよい〕
    B の計算式

      
[身長(cm)−100]×0.9
 *********************************************************************



一口メモ--8月号(No.12-1)--



 **糖尿病を予防するために(XII)
―毎日の適切な摂取カロリ−は―

 ・理想的な1日の摂取カロリ−は標準体重の1キログラム当たりで、軽作業労働者では30キロカロリ−、重労働者では35〜40キロカロリ−とされています。
 ・ちなみに、糖尿病で入院中の患者さんでは標準体重の1キログラム当たり25キロカロリ−が適切です。
 ・「中年太り」ということばが世間一般に良く知られていますが、若いときと同じ食事量を中年以降にも気にせず摂り続けてしまうと、中年以降では若いときに比べて1日の消費カロリ−が年毎にどんどん減っていくため、相対的にカロリ−オ−バ−となってしまうのです。
 ・糖尿病食はカロリ−制限食というよりも、むしろ健康長寿食であるとさえいわれています。

 *********************************************************************



一口メモ--9月号(No.13-1)--



 **糖尿病を予防するために(XIII)
―最も簡単な運動療法は歩くことである―

 ・体重オ−バ−を気にしている方、日頃の運動不足を心配している方は、食事のカロリーオーバーを注意することに加えて、できれば軽い運動を毎日続けることが最適です。
 ・時間的に余裕のある方では朝晩1回ずつ早足の散歩を20〜30分することが勧められます。しかし、それが無理であれば、せめてエレベ−タ−を使わずに階段を利用するとか、あるいは通勤で1つ前のバス停で下りて残りを歩いてみるなど、毎日の日常生活の中にぜひともこまめに歩くことを取り入れて頂きたいものです。
 ・運動療法は毎日やることが一番の理想ですが、週に4回以上やればそれなりの効果はありますのでがんばって心がけでみましょう。

 *********************************************************************



一口メモ--2005年1月号(No.14-1)--



 **ノロウイルスとは**

■ ノロウイルスはウイルス性食中毒を引き起こす病原体として最も代表的なものの1つであり、以前には小型球形ウイルス(SRSV)といわれていましたが、2003年8月から名称が変更されました。
■ 従来から生ガキの食中毒の原因病原体として知られていたノーウォークウイルスはこのノロウイルスの仲間の1種です。
 ノロウイルスは比較的感染力の強いウイルスであり、そのため直接に感染源(二枚貝が多い)を食べたときばかりでなく、ヒトからヒトへの二次感染もあるとされています。さらに、調理器具を介した感染もありえます。
 潜伏期間(感染してから発病するまでの時間)は1〜2日であり、症状としては水様下痢、嘔気、嘔吐、腹痛、発熱などが数日間出現しますが、安静と食事療法(脂肪の多いものを避けて、消化されやすいものとする)で速やかに自然軽快します。ただし、脱水症状があれば点滴療法を受けた方がよいといえます。
■ 特効薬はないため、薬物療法としては整腸剤を主として、強すぎない下痢止めなども使用します。
 *********************************************************************



一口メモ--2005年2月号(No.15-1)--



 **メタボリック症候群(代謝症候群)とは**

■ メタボリック症候群とは、インスリン抵抗性(インスリンがあってもうまく働かないこと)によって膵臓からインスリンが過剰に分泌されて慢性的に血液中のインスリン値が高くなる病態です。
■ この病態は多くの場合、過食と運動不足に基づく肥満がおおもとになっています。
 このような高インスリン血症が持続すると、高血圧、高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症、内臓脂肪の蓄積(さらなる肥満)などが起こりやすくなります。しかもインスリンが高くても高血糖や糖尿病となります。
 そして、これらはいずれも動脈硬化の危険因子となるため、このような動脈硬化の危険因子が重複した病態では、心筋梗塞や脳卒中などがきわめて起こりやすく危険になります。
■ この病態に対して、これまでは「死の四重奏」、Syndrome X、インスリン抵抗性症候群、内臓脂肪症候群などのいろいろな呼び方がありましたが、近年、米国ではメタボリック症候群(代謝症候群)という名称で呼ばれて問題視されています(図参照)。

     
 *********************************************************************



一口メモ--7月号(No.16-1)--



 **タバコの恐ろしさと禁煙のおすすめ**

■ 近年巷では嫌煙権が強く叫ばれて、喫煙できる場所・時間がどんどんせばめられており、喫煙家にとっては非常に耳が痛くなる話題である。
■ しかし、何と言っても喫煙の最大の問題はご自身および周囲への健康被害である。タバコに含まれる三大有害物質はニコチン、タール、一酸化炭素である。
■ タールには強い発ガン性があり肺癌との深い関わりは言うに及ばず喉頭癌、肝臓癌、胃癌、膀胱癌などもできやすくなる。
■ 一酸化炭素は酸素不足を引き起こして運動能力を低下させる。ニコチンが慢性中毒(依存性)を引き起こす主因であり、さらにニコチンは強い血管収縮をもたらす。
■ それゆえ、心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化性疾患の重要な危険因子となる。とくに糖尿病の方での動脈硬化の助長は致命的にもなりかねない。そして、夫が喫煙者であるときのその妻(非喫煙)の肺癌死亡率は約2倍にも上ることからも受動喫煙の恐ろしさがわかる。
■ ニコチンパッチはうまく使えば禁煙を成功させ得る有効な手段であり、一度試していただきたい。
 *********************************************************************



一口メモ--8月号(No.17-1)--



 **アルコールに飲まれないようにうまく付き合いましょう(T)**

■ アルコールは肝臓で分解・代謝されますが、一晩で代謝・処理できるアルコール分量(0.15g/kg/時間)はだれでもおよそ決まっています。ビールでいえば大瓶2本、日本酒では約2合です。
■ ただし、日本人ではアルコールを代謝する酵素が生まれつき非常に弱いヒトが欧米人に比べて多く(10人に一人くらい)、そのようなヒトでは少量の飲酒でも顔面紅潮、動悸などをおこしてしまい全くお酒が飲めない人に相当しています。このようなヒトに無理にお酒をすすめることは大問題です。
■ そうでない通常のヒトでも代謝できる分量を超えて飲酒してしまうと当然のことながら翌日までアルコールが残ってしまう(詳しくいうとアセトアルデヒドという有害物質が蓄積されます)ことになり、連日であればどんどん累積されて肝障害が発生してきます。
■ これが年余にわたればアルコール性炎からさらに肝硬変、肝臓癌へとつながっていく可能性もでてきます。

 *********************************************************************



一口メモ--9月号(No.17-2)--



 **アルコールに飲まれないようにうまく付き合いましょう(II)**

■ 前回の一口メモをふまえて、(社)アルコール健康医学協会が提唱している「適正飲酒10カ条」を以下にかかげておきます。

  (1) 笑いながらともに楽しく飲もう。
  (2) 自分のペースでゆっくりと。
  (3) 食べながら飲む習慣を。
  (4) 自分の適量にとどめよう。
  (5) 週に2日は休肝日を。
  (6) 人に酒の無理強いをしない。
  (7) 薬と一緒には飲まない。
  (8) 強いアルコール飲料は薄めて。
  (9) 遅くても夜12時で切り上げよう。
  (10) 肝臓などの定期検査を。

 *********************************************************************



一口メモ--2006年3月号(No.18-1)--



 **メタボリックシンドロームについて(I)**

■ 以前2005年2月号でメタボリック症候群の概念をご紹介しましたが、2005年4月にわが国ではこれをメタボリックシンドロームと呼ぶことと、さらにその定義が決まりました。そこで今回あらためてメタボリックシンドロームとは何であるかをとりあげます。
■ 糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病はそれぞれ単独でも動脈硬化を促進することがわかっています。ところが、肥満のあるヒト(とくに内臓に脂肪が多いタイプの肥満)では糖尿病、高血圧、高脂血症のうちの2つ以上を合わせてもっていると、たとえそれぞれは問題にならない程度に軽くても驚くほど動脈硬化を進めてしまうことが判明しています。この状態をメタボリックシンドロームと呼びます。
■ その定義としては、まず必須条件が内臓脂肪蓄積型の肥満です。これはへその高さでの腹囲で決めます。男性では85cm以上、女性では90cm以上です。これに次の3つの条件の中の2つ以上をもっているとメタボリックシンドロームにあてはまります。
■ 3つの条件とは@空腹時血糖が110mg/dl以上、A収縮期血圧130mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上のいずれかあるいは両方、B中性脂肪(トリグリセリド)が150mg/dl以上、またはHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が40mg/dl未満、であり、このうちの2つ以上があるとメタボリックシンドロームと診断されます。
■ メタボリックシンドロームでは心筋梗塞などの動脈硬化性心臓疾患がなんと30倍以上も起こりやすくなることがこれまでの報告からわかっています。
 *********************************************************************



一口メモ--2006年4月号(No.18-2)--



 **メタボリックシンドロームについて(II**

■ メタボリックシンドロームを改善する基本は運動療法と食事療法です。
■ 毎日できる運動として最もオススメなものは"ウォーキング"です。1日1万歩が目標となります。ジョギングや水泳などでももちろん結構ですが、"ウォーキング"がいちばん手軽で便利です。
■ 日常生活で歩数を増やすためには、早起きして散歩をする、駅のホームでは階段から遠いところまで歩いて電車を待つ、電車やバスはひと駅手前で降りて歩く、エスカレーターやエレベーターはなるべく使わない、仕事や家事の合間に積極的に歩く、ランチを外食にするときは会社から少し離れた店を選んで歩く、車で外出したときは目的地から遠い場所に駐車する、車や自転車はなるべく使わない、買い物は遠回りして行く、夕食後や就寝前に散歩する、などを心がけてみてください。
■ 食事療法は1日摂取食事カロリーとしては〔身長(m)〕
x 22で計算した適正体重(Kg)x30キロカロリーが適切です。適正体重の20%以上オーバーは明らかな肥満ですので、適正体重の5%オーバー以内を維持するように努めましょう。
■ 脂肪の摂り過ぎに注意して野菜や豆類などをしっかり食べ、バランスのとれた食事をとりましょう。塩辛い味つけはできる限り避けて、食塩は6g/日以内が目標です。
■飲酒はほどほどにして、週に2回は休肝日をもうけましょう。タバコは百害あって一利なしですから、思い切って禁煙しましょう。
■ メタボリックシンドロームは以前には「死の四重奏」などとも呼ばれたことがあるように、軽視できない健康の大敵といえます。


 *********************************************************************



一口メモ--2008年11月号(No.19-1)



 **タバコの恐ろしさと禁煙のおすすめ(2)**

■わが国初の飲む禁煙補助剤(商品名:チャンピックス)が使えるようになりました。本剤は健康保険適用です。
■喫煙によるニコチン依存症は病気であって、その依存性は麻薬にも劣りません。チャンピックスはニコチン受容体へのニコチンの結合を妨げて喫煙による満足感を抑制します。同時に、少量のドーパミンが放出されることで禁煙にともなう禁断症状やタバコに対する切望感を軽減します。
■チャンピックスにより65.4%の喫煙者が禁煙に成功しています。飲む禁煙補助剤であるチャンピックスを一度試してみませんか。
■1週間はそのままタバコを吸い続けて構いません。禁断症状がほとんど出ずに、吸いながらだんだんにタバコがやめられます。
■チャンピックスはうまく使えば禁煙を成功させる非常に有効な手段です。詳しくは、一度お電話下さい。

 *********************************************************************



一口メモ--2010年1月号(No.20-1)



 **期待の糖尿病の新薬が発売に**

 期待される糖尿病の新しい飲み薬が10年ぶりに出ました。
 ■これまで糖尿病の飲み薬としてはスルフォニル尿素剤(SU剤)、ビグアナイド剤、速効性インスリン分泌促進剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、インスリン抵抗性改善剤の5種類でしたが、平成21年12月に約10年ぶりに新しい糖尿病内服薬が発売されました。
■インクレチンという食後に消化管から分泌されるホルモンが膵臓からのインスリン分泌を促進することが以前から知られていました。しかも都合のよいことに、このインクレチンは血糖が高いときは効き目がよく、血糖が低いときに効きません。
■それためインクレチンでは低血糖が起きにくく、しかもSU剤やインスリン抵抗性改善剤のように体重を増えやすくする心配がありません。
■インクレチンはすぐに分解されてしまい、そのものでは薬として役立たないのでその分解をおさえてインクレチンの効果を長持ちさせる薬が新発売されました。
■薬剤名は
「ジャヌビア」または「グラクティブ」といい、1日に1回の内服で、とくに副作用も問題がないようであり、欧米ではすでに約3年前から多数の糖尿病患者さんが服用しています。
■糖尿病患者さんで本剤を服用してみたい方は当院までご来院のうえご相談ください。

 *********************************************************************



一口メモ--2015年1月号(No.21)



 **新規糖尿病薬が発売されました**

 
新しい作用機序の経口糖尿病薬であるSGLT-2選択的阻害剤が2014年春に発売されました。

少し難しい話になりますが、SGLTとはNa依存性グルコース共輸送体の略号であり、ナトリウム電位を利用してグルコースを輸送するトランスポーターです。これには  主に小腸に存在して、グルコースの消化管から血液中への輸送に関与するSGLT-1と腎尿細管に特異的に発現して、グルコースの再吸収に関与するSGLT-2があります。そのため、SGLT-2阻害剤は腎尿細管でのグルコース再吸収を阻害して、大量のグルコースを尿中へ排泄させる作用を有しています。

SGLT-1を阻害しないため、腸でのグルコース吸収を阻害せず、α-グルコシダーゼ阻害剤のような下痢、腹部膨満感などの消化管障害がありません。グルコースを尿中へ排泄させるため、スルフォニル尿素剤やインスリン抵抗性改善剤のような体重増加作用がなく、むしろ体重を減らせることが多いといえます。インスリン作用を介さないため、本薬剤のみでは低血糖を起こさず、したがって、膵臓を疲弊させません。つまり空腹時血糖、食後血糖ともに低下させて、糖尿病を改善することができます。

ただし、尿量が増えますので脱水に充分注意しないと脳梗塞を併発することもあります。また、尿路感染症にも注意が必要です。インスリンやスルフォニル尿素剤と併用するときには低血糖も要注意です。

■糖尿病の患者さんで本剤を服用してみたい方は当院までご来院のうえご相談ください。

 *********************************************************************




トップページに戻る



直線上に配置